リーダーシップ

その使命を成功させるために、BW IDEOLの経営陣はイノベーティブで高度な業界専門性を有した人材に信頼を寄せています。


Paul de la Guérivière

最高経営責任者

Paul de la GuérivièrePaul は世界の再生可能エネルギープロジェクトの開発および資金調達で 20 年以上の経験を持ち、幅広いセクターにまたがる国際的なビジョンを持っています。先進国および途上国を問わず、プロジェクトの開発者、製造業者、および投資家の広範囲のネットワークを築いてきました。Ideol を設立する以前は、中国でカーボン・ファイナンス分野の新規事業の立ち上げに尽力しました。

Paul は、パリテクの国立土木学校 (エコール・デ・ポン) にて理学修士を取得しています。

Thomas Choisnet

最高技術責任者

Thomas ChoisnetThomas は、コンセプト開発から詳細設計、据付、運用、および施工まで、プロジェクトの全ステージにおける海洋構造物の豊富な経験を持っています。Ideol への入社前は、エンジニアリング企業の Principia (プリンシピア) 社にて複数のチームとファスト・

トラックプロジェクトをマネジメントしました。特に、船舶、固定台、および浮体構造物に関連するプロジェクトを牽引しました。Thomas は自身のキャリアを Stolt Offshore 社 (ストルト オフショア社、現 SUBSEA7) にてスタートし、西アフリカ地域の複雑な深海プロジェクトに参加しました。コンテナ船の管理者として、海運業に携わった経験も持ちます。

Thomas は、パリテクの国立先端技術学校 (ENSTA) にて造船工学の理学修士を取得しています。

Stéphane Toumit

エンジニアリングディレクター

Stéphane ToumitStéphane は、ライザー、ケーブル、係留システム、パイプラインなどの海洋構造物の設計、および数値シミュレーション (FEA) 20 年以上の経験を持っています。流体力学および構造力学の知識 (流体力学・海洋工学、および構造力学の 2 つの学位を所有) を活かすべく、大学卒業後にフレキシブルパイプの設計技師として Technip 社に入社しました。その後、オフショア、海洋再生可能エネルギー、海軍および原子力業界にエンジニアリングおよび研究開発プロジェクトを提供するフランスの Principia 社に入社。14 年間にわたって海底プロジェクトエンジニア、主任設計エンジニア、エンジニアリングプロジェクトマネージャー、およびライザーおよびケーブルグループマネージャーを務めました。グループマネージャーとして、ライザーおよびケーブルの設計プロジェクトを担う 13 人以上のエンジニアチームと、比較的小規模の浮体構造物のグローバル分析チームを率いました。

Bruno Geschier

最高セールス/マーケティング責任者

Bruno Geschier大西洋の両側で教育を受けた Bruno は、米国・カナダにて企業家兼国際事業開発のスペシャリストとしてキャリアをスタートし、建設、エンジニアリングサービス、および天然資源業界に尽力してきました。その後、ALDES (エネルギー効率に優れた HVAC および IAQ ソリューションリーダー)、FONROCHE ENERGIE (太陽光、地熱、バイオガス発電を手がけるフランス最大手の民間企業) など、独自のイノベーションで急成長を遂げていた家電、省エネおよび再生可能エネルギー業界の中小企業の海外進出、外国子会社、輸出活動を担当しました。多言語・多文化に通ずる Bruno は、マネジメントの理学修士を取得しています。  

Nicolas de Kerangal

チーフファイナンス&パートナーシップ オフィサー

Nicolas de KerangalNicolasは、2019年に財務&パートナーシップの責任者としてIdeolに入社しました。 Nicolasは、2001年にCredit Agricole IndosuezM&A部門でキャリアをスタートさせました。2008年に、カリフォルニアのAmyrisNASDAQAMRS)に入社し、ファイナンスと戦略部門において、ファイナンスプランニングや分析・戦略ディレクターを含む様々なポジションを担当し、主に2010年のIPOを含む資金調達や戦略的パートナーシップに取り組みました。 2015年以来、Nicolasは、スタートアップスタジオ、食品・農業、産業用IoT、ヘルスケアやメディアを含む幅広い分野で活動するテクノロジー企業グループであるSparkling Partnersのマネージングパートナーでした。UCバークレーでMBAを、Neoma Business Schoolでマネジメントの修士号を取得しています。

 

Ghislain Dufay

CHIEF PRODUCTS & OPERATIONS OFFICER

After graduating as an Engineer with a specialisation in oil and engines, Ghislain joined Saipem Ghislain Dufayin 2004. He started with a mission in Azerbaijan as a Planning Engineer on an offshore construction project. Back in France, he held positions related to tenders and became Business Development Manager in 2007, in charge of closing turnkey contracts.

In 2008, he joined a leading player in the construction industry, focused on major international engineering projects : Vinci. He then became Business Development Manager and initiated LNG projects in Europe, Russia, the United States and Australia.

In 2012, he got appointed Commercial/Construction Director. He had to lead and coordinate projects in the construction phase (planning, management of suppliers and partners, representation of Vinci towards the client). Playing a key role in the financial and operational phases, he accompanied all partners and business units, in order to successfully complete all the energy projects.

BW Ideol は、同社のアドバイザリー委員会の支援と指導も受けています。

戦略的ガイドラインおよび BW Ideol の業績を指揮・管理する取締役会は、以下のメンバーにより構成されています。

Marco Beenen

Marco Beenen, Chairperson

Marco Beenen holds the position as Chief Executive Officer of BW Offshore. Mr. Beenen was appointed Chief Operation Officer of BW Offshore in 2016, responsible for the global operations and development of BW Offshore's fleet of FPSOs. He joined BW Offshore in 2012 as Vice President Business Development, followed by the position as Senior Vice President Fleet, responsible for operations in West Africa. Mr. Beenen is also on the Board of Directors of BW Energy. Prior to joining BW Offshore, Mr. Beenen has held executive positions in the Netherlands and USA as President of GustoMSC Inc and Vice President Engineering with SBM Offshore. He holds a Master’s Degree in Naval Architecture and Offshore Hydrodynamics of Delft University of Technology.

 

Yngvil AsheimYngvil Asheim, Board Member

Yngvil Asheim is the Managing Director of BW LNG and is responsible for BW's move into LNG infrastructure projects. She joined BW on 1 November 2010 as Managing Director for BW Fleet Management and became Managing Director for BW Shipping in October 2013; and Managing Director for BW LNG in November 2015. Asheim started her career at DNV as a surveyor in 1993 and held various positions within the classification society. In 2002, she joined Höegh Fleet Services, where she started as a fleet manager. After a year, she took on the role of President, responsible for all ship management activities for the Höegh Group. Subsequently, she was appointed as EVP of Höegh Autoliners responsible for global operation and ship management. She holds a Masters in Marine Engineering from the Norwegian Institute of Technology (NTNU). Asheim has also held several board positions and is currently a director of Gard P&I (Bermuda) Ltd.

Julian Brown

Julian Brown, Board Member

Julian Brown is the Vice President and UK Country Manager for MHI Vestas. He has twenty years of experience from the renewables industry, including being chairman and co-founder of BVG Associates and 8.2 Aarufield Ltd, head of AREVA Wind in the UK and managing director of NEG Micon Rotors Ltd. Mr. Brown has a BSc in manufacturing studies from University of East London. He is also the non-executive chairman at Tekmar Group plc and a director of Renewable UK.

 

MatsuiYasuhiro Matsui, Board Member

Yasuhiro Matsui holds the position as General Manager, Corporate Finance Department, Division 5 (Energy) of Development Bank of Japan Inc. (DBJ). He has more than 25 years of finance experience in the energy and infrastructure industry. Mr. Matsui joined DBJ in 1994 and has held various roles within the organisation, including Head of Capital Markets from 2012 to 2015 and from 2018 to 2020 and Head of Renewable Energy Finance from 2015 to 2018. He is specialised in both energy and infrastructure-related Project Finance and Capital Markets, and was involved in the first Green Bond issued by DBJ as Japanese Issuer in 2014. Mr. Matsui holds the Visiting Researcher position at the Graduate School of Public Policy, University of Tokyo. He holds a Master’s Degree from MIT Sloan School of the Management and Bachelor of Engineering in Urban Engineering from University of Tokyo. Mr. Matsui is independent from the Company's management, major shareholders and principal business associates.

Jean HubyJean Huby, Board member

Jean Huby is the Chief Executive Officer of Ocean Breeze Energy, owner and operator of the first commercial offshore wind park in Germany, BARD Offshore 1, since 2014. Mr. Huby has extensive experience in the energy sector, in particular as former CEO of AREVA Wind from 2011 to 2013 and as Senior Vice-President, Strategy and Mergers & Acquisitions, at AREVA group from 2008 to 2011. Mr. Huby holds an Engineering Degree of the Ecole Polytechnique and of the Ecole des Mines in Paris and a Master’s Degree in Economics of the Sorbonne University. He started his career in the European Commission, where he worked in the antitrust division and was an advisor to the Commissioner for Transport. Mr. Huby is independent from the Company's management, major shareholders and principal business associates.

当社のテクノロジー

当社のテクノロジー

さらに詳しく

弊社のプロジェクト

Ideol floating offshore wind

さらに詳しく

ご質問はありますか?

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ニュース

企業情報およびプロジェクトのアップデート

BW IDEOL ENEOS

ENEOS株式会社との日本国内における 浮体式洋上風力発電の共同事業開発契約の締結について

もっと読む

BW Ideol

IdeolはBW Ideolになりました。

Ideolは、従来のチームやテクノロジーを変更することなく、また創業者を主要株主として、BW Ideolになります。BW Ideolは、BW Offshore社のオフショアエネルギー生産システムの実行や運用に関する豊富な経験を活用し、成長を加速させ、この活況を呈している市場におけるリーディングポジションを強固にするための独自の立場に立つことになります。


もっと読む

イベント

展示会とコンファレンス